20150917_11462.png

犬とカヤック!キャンプ!群馬菅沼・後編

早起きして顔を洗って犬の散歩。

曇ってるけど今ところ天気は保ってる。

そしてごはん。

昨日いい感じに食材を食べ切ってトマトしかないので持参したサルサで炒めてみました。

素材が良いからこれも美味。

テキパキと片付け荷物のパッキングを済ませチェックアウトも完了。

張り切ってカヌー小屋へ行ったら集合時間を1時間も間違えていました。

まだ後1時間もあるのでまたもやゲーム。

乗る前のウォーミングアップにはぴったり。

乗る前からお疲れのココ。

あー。目が覚めたら東京だったら良いなー。

ココ、さあ行くよ。菅沼だよ。

出発でーす。

しーん。全然意気揚々ではない方々。

体制後ろ向き。

大きい犬と乗れる艇が出払ってしまっていてウーはガイドさんが試乗した結果動くとかなり船が揺れて危険なのでガイドさんのカヌーに乗せることになりました。

 

さあ。出発。

この時すでに上方に霧が出ているのがわかります。

ここがひとつめ。菅沼は3つの湖が連なっている大きな湖です。

二つめ。

この辺りで一度晴れました。

青とも緑とも言える不思議な水の色です。

3つめに入った途端に急に霧がかなり濃くなって来ました。

対岸はまったく見えません。

この対岸にある通称・ビーチでバーベキューのランチ。

上陸した時に太陽が顔を出していっ時きれいに晴れました。

菅沼は水の透明度が高い。

本当に砂浜です。風が強いので波もありました。

何を見てるの、ココ。

あまりの疲労で頭がぼーっとするわん。

倒木にシダと苔が生えて神秘的な様相。

と、ここまでは晴れていたのですがこの直後、冷たい風が吹いたと思った途端に大粒の雨が降って来ました。

遠くで雷が鳴りあっという間に嵐になりました。

カメラと犬を大急ぎでターフの下に運びます。

すごい雨です。この時間、吐く息が白くなりました。急激に温度が下がったのです。

山の天気は変わりやすいって本当なんだ。

嵐の中ガイドさんが苦労をして火を起こしてくれてバーベキューのお昼です。

大雨の中のバーベキュー。一生忘れることのできない思い出になりました。

ウーはびしょ濡れになりながらもお肉をもらってピーマンをもらってご機嫌です。どんな時でもゴハンがあれば君は幸せなのね。

ガイドさんが淹れてくれた食後のお茶。

おしゃれなパッケージデザインでお味も美味しい。

アウトドアにはうってつけです。今度買おう。

お茶を飲んでいる間にようやく雨が上がりました。

いつのまにか霧もどこかに散ってしまいお天気回復傾向に。

ウーを試しに私の艇に乗せてみたら大人しくしているのでOKが出ました。

帰りは私と一緒。やっぱり一緒が楽しいね。

はしゃぐ飼い主。悲しそうな犬。

しばらくは岸に沿ってガイドさんの話を聞きながらのんびり漕ぎます。

菅沼湖はかなり山深いところなので湖を熊が泳いで渡っていたり、上陸しようとしたら熊が鹿を食べていたりしたこともあるそうで昨日も子熊の死体を片付けたばかりだと言っていました。自然が濃い場所は動物と人間とが共存する場所。人間の方がお邪魔しますの気持ちでいないといけないのでしょう。

「そろそろ湖の真ん中を漕いで行きましょう。向かい風なのでなかなか進みませんが頑張って」と言われ漕いでいると「この辺りは水深60mで一番深い場所になります。ここで犬が落ちるとかなり大変なので落ちないようにし・・・」まで聞いたところで私は猛ダッシュ。すごい速さで見えなくなったとみんなを驚かせてしまいましたがまさにその水深60mの場所でウーが降りたいと言い始め立ちあがって向きを変えようとして艇がグラグラ揺れていたのです。

3つめの湖は熊の話と水深の話と艇の揺れでかなり心拍数があがった。

2つめの湖に戻り追い風なのでまた穏やかになります。

バムセものんびり。

1つ目の湖に戻ってくるとウーは寝てしまいました。

もう降りるのよー。

次回はもっと早くリラックスしてくれー。

上陸した途端に猛ダッシュで帰る帰るになりました。

こうなるともう待てません。ガイドさんに挨拶もそこそこ車に猛進、座席に座ってやっと笑顔になりました。

曇りで始まり霧、雨、嵐、晴れ。

目まぐるしく変化する天気に自然ってすごいなあ。どんな天候でも湖や山は美しいけれど自然を甘く見てはいけないなと身を持って体験しました。

特に犬を連れていたらこの犬を守れるのは私だけ。自然相手のレジャーに無理は禁物と痛感しました。

帰りの車中は恒例の運転手を寝かせないためのしりとりで緊迫する車内。

無事に東京に到着、解散です。

翌日あまりに汚いのでガレージでウーをシャンプーしました。

ワイルドになってしまった飼い主、暑いから水でいいでしょと長靴を洗うついでにいきなり洗犬。

その後まる1日寝ていました。

飼われ犬も大変だね。ウー、お疲れさま。

一緒に行った犬たちの様子がラインで送られて来ましたがみんな寝てる姿でした。

おかげさまで今年も楽しい犬連れカヤックキャンプでした。

菅沼は大きい湖なので1日ツアーでゆっくり漕ぐのがおすすめです。なので日帰りではなく1泊した方が楽ですね。バンガローもテントもどちらも楽しめるキャンプ場です。

ワイルドな大自然と透明度の高い水は一度知るとまた行きたくなる。

なんだか帰って来てすぐなのにすでに心は菅沼湖です。

 


犬とカヤック・キャンプ!群馬菅沼。前編

昨年の夏、悪天候のためカヤックができなかった菅沼湖https://www.asoview.com/item/activity/pln3000004876/に再びやって来ました。

去年の雪辱戦です。

今度こそ乗るぞ!お〜っ!!って感じがしないこちらの方々。

またも全然カヤック好きじゃないのに犬トリオ。

まーた集められちゃったわん。やれやれだわん。また大雨になればいいのにだわん。

こら。君たち。不吉なことを言うでない。

 

去年のコースを少し周到し、少し外れ、まず旅のスタートはまたもや昭和な観光名所、吹割の滝https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000151053/

また来てしまったのでし。

しょうがないのね。この滝、飼い主が好きだから。

このお洋服は3匹お揃い色違い。ココの飼い主作の濡れると涼しいクールビズです。

目線ばらっばら。お尻が冷たいのでし。

その後お昼を食べてから道の駅エキスパートのおすすめしてくれた花咲の湯http://www.hanasakunoyu.com/main/modules/tinyd1/へ。

ジェラード食べたい、女子だからと変わり種和テイスト4種を4人でシェア。

もち米、とうもろこし、エゴマ、桑の葉。

どれもすごーく美味しかった。このお店はどれもハズレなし。また行きたい。

旅のお約束。にじり寄る斑の方。

こんなに色鮮やかなワレモコウ初めて見ました。欲しかったけど水につけられないしとにかく車が荷物でギュウ詰めなので諦めました。

今夜の網焼きの野菜を買い、途中でお肉を買い、寄り道しながら去年よりずっと早い時間にキャンプ場に到着。

明るい内に湖付近を散歩し食材のカットを済ませお米を洗い、やることをやってさて、ゲーム。

初めてのゲーム。「ワードバスケット」

簡単に言うと制約の厳しいしりとりゲームです。

名詞限定、初めの言葉がこれで何文字でと買いてある指示カードをめくり、手持ちのカードのひらがなを最後のワードにします。

思いついた人が手持ちのカードを出しワードを言う単純なルールなのですがこれが抱腹絶倒。

「ヨークシャテリら」

「むきいぬ」等、この世に存在しないワードが飛び出して笑っちゃって涙でカードが読めない。

笑いを引きずりながら今日の晩御飯の支度開始。

メニューは上州牛の網焼き、上州豚のにんにくソテー、野菜の網焼き、地元のお米で炊いたご飯、道の駅の蕗味噌、近くのお豆腐屋さんのお豆腐と揚げのお味噌汁。

七輪とかまど、コンロの三口の火で調理時間スピードアップ。

わしのごはんはまだじゃろか。

まずはバム爺のお肉を焼くよ。

ここからはまたもや暗くなってしまったので写真がありませんがどれも素晴らしく美味しかった。

塩胡椒だけなのにすこぶる美味。

途中のお豆腐屋さんのお豆腐も味が濃くておいしい。

片品は食のクオリティーが高い!

私が担当のトルティーヤを冷凍庫に忘れて来てしまったので急遽お米を買ってもらってご飯に変更したのですが忘れてよかったと思うほど美味しかった。

手早く片付けを済ませ、寝床の準備をしてまたもやバンガローでカード。

あ〜。うるさいのでし。お家に帰りたいな〜。

夜もとっぷりと更け、明日のカヤックのために私たちにしては早めに切り上げ休みました。

この夜もウーは私の寝袋で大はしゃぎでした。

すこぶる質の良くない睡眠状態のまま後編に続く。

 

 

 

 


西湖でカヤック、キャンプ!!

夏休み中です。

勤勉に遊んでおります。

今年もウーのガールフレンド・バディから声をかけてもらって西湖のカヤックに参加しました。

そして今年は1泊キャンプ付き。

テントに寝るなんて子供の頃以来。寝袋持参で参戦しましたが果たして眠れるものなのかしら。

 

まずはパンの係を仰せつかっていたので昼食用のパン種を家で捏ね、冷蔵して持参。

着いてすぐにダッチオーブンでパンを焼きます。

駐車場から火に直行。

火係の火加減が上手でこれが美味しく出来ました。

クラストがパリッと香ばしい。

あのー。ぼくちんのゴハンはまだでしか〜。

肉を焼き続ける人間たちの後ろに斑の亡霊が。

「バディ!元気でしたか?」

「元気よ!あんた、誰だっけ?」

さて、湖上へGo.これも恒例、バムセと一緒にお笑いカヤック。

湖の色がきれい。よく晴れて気持ちいい〜!

今回はあまりに暑かった為いきなりのウーを泳がせてみよう企画開始。

急に思いついてやってみたのでウーもまさかの展開だったらしく警戒する暇もなく意外と素直に泳ぎました。

 

上手、上手。

こちらとあちらで歓声、拍手。まさにアンヨはジョウズ状態。

わー。これでまたひとつ犬を飼ったらやってみたかったことが叶った。

それを尻目に淡々と普通に泳ぐバディとバムセ。

テントサイドに戻り夕食の準備開始。

さっき食べたばかりなのにと驚く私に明るい内に始めないと真っ暗になるからと先輩たちからのお言葉が。

にゃるほどー。

キャンプって食事の支度をしてばかりなんだな。

夕食は超豪華に丸鶏のローストチキンと貝いっぱいのパエリア、バーベキュー。

支度中。

残念ながら暗くてぶれてしまったので写真はなしですがどちらもすごおく美味しかった。

鶏はホロホロ、パエリアは魚介のうまみたっぷりで本当に美味しかった。

外でみんなで食べるご飯は美味しいな。

その後星を見に湖畔を散歩。

星座を知らない人々が星を見上げて「あれが夏の大三角形だね」とみんな違う星を指している自由な人達。

テントに戻ってトランプ大会。

盛り上がりすぎて夜中過ぎてもまだまだ大笑いで巡回している警備員さんから「もうトランプはやめて寝ましょうか」とやさしく諭される始末でした。

いい大人がすみません。でも楽しくてやめられなかった。

翌朝も快晴。

面白い雲が浮かんでいました。

朝は親方の珈琲で始まり昨日の残りでリメイクごはん。

雨が降らない内にテントをたたみ片付け。

みんなはまだ湖で遊んでから帰るということでしたが用事があった私達はもう一度湖に行きそこでお別れ。

ウー、サメに喰われるの巻。

ヤ、ヤバイのです。

あぁ。なんて楽しいキャンプだったの。

何もかも準備してくれたMさん夫妻、心から感謝です。

バディ、またね。

楽しい夏のキャンプをありがとう!

「ウー。また遊んであげるわね!」

 


軽井沢旅行

朝は軽井沢名物の霧が出ていました。

朝食まで時間があるので御影用水添いを散歩します。

散歩する頃には霧はきれいに散っていました。

美しい散歩道になっています。

カルガモがいっぱい。

散歩から帰ってカウチでゆったり。

朝食はまだでしかねー。

豪華な朝食をゆっくりとってのんびり出発。

ラグジュアリーなホテルでした。

発地市庭http://karuizawa.hotchi-ichiba.comという新しいshopが出来たと聞いてそこでお土産の野菜を買いました。

午後にはなくなってしまうそうですが朝1番で行ったので珍しい野菜もたくさん。

ビーツやとうもろこし、セロリやサラダセット、桃、りんご、いちじく等目移りしながらも籠はいっぱいに。

旅のお約束のご当地ソフトをいただきます。

今回はアトリエ・フロマージュの生チーズソフトクリーム。

スプーンまで食べそうな勢いです。

また追分周辺に戻って不動産を見学し、軽井沢を後にしました。

あ〜。いつかこんな森に住みたい。

東京に戻って早速料理。

とうもろこしはスープに。果物はコンフィチュールに。

水だけで驚くほど甘いとうもろこしのポタージュになります。

軽井沢は野菜が本当に美味しい。

果物も色も味も濃い。

朝晩の霧が野菜の味を濃くしていると聞きました。

力強い味です。

暑い東京に戻って来てしまいました。

軽井沢も今年は例年になく暑いと皆さんおっしゃっていましたがいや、東京のこの暑さとは違います。

今年の犬との夏の旅行はそこそこラグジュアリーでそこそこ忙しいあっという間の3日間でした。

あー。軽井沢は良い。また行きたいなあ〜。

 

 

 

 

 


軽井沢旅行

2日目。不動産を見たりして午前中は過ぎて行きます。

今回の物件。ここは森。他に原生林もあり。川も湿地もあり。なかなかエキサイティングな物件多し。

さすが軽井沢と鎌倉は一筋縄では行きません。なんでそんな所に住みたいんだろ。←いきなり冷静。

今日のお宿、レジーナリゾート軽井沢御影用水。https://mikage.regina-resorts.com犬同伴率100%の犬仕様のホテル。

御影用水に沿って建っていて全お部屋から御影用水が眺められます。

チェックインする時から滞在中もずっとウーの名前を呼んでくださったホスピタリティ溢れる姿勢に感心しました。

ここがお部屋。広さもインテリアも申し分なし。ここに住みたい。

御影用水を見下ろすベランダ。ハンモックブランコがあります。

これが気持ち良くて。

食事とお風呂以外は私はずっとここで揺れていました。

とばっちりを食うウー。そりゃ1人より2人。

 

このホテルに来たらやろうと思っていたことがあります。

ウーのセンタク。

犬のセルフシャンプーが出来るのです。これ、やってみたかった。

あまりの意外な展開におとなしく洗われてるウー。本気で驚いているのが面白かった。

なんだかプロ並みに真っ白に洗いあがりました。肌触りがするんと気持ちいい〜。

 

お部屋で一服してからお食事。

こんな本格的なフレンチをウーと一緒に食べに行かれるなんて。

良い犬に育ってくれた。

ウーの食事を先に持って来てくださったのを一度下げてもらって人間の食事の後にしてくださいと言った時だけ大騒ぎ(大ブーイング)でしたが静かにしていたら出てくるよと言うとこの笑顔です。

チキンかなービーフかなー。たのしみでしね〜。

久しぶりのフルコース。

お腹も気持ちも満たされこのあとふかふかのお布団で熟睡でした。

あ、ウーはホテル備え付けのクレートでお休みです。

 

 

 

 


| 1/9PAGES | >>

INSTAGRAM


INSTAGRAM始めました

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode