20150917_11462.png

シーカヤックに初挑戦!!

いよいよカヤック乗船です。

今回はシーカヤック、海なのですが風が強いため河口から海に出るコースを取ることになりました。

まだこれからパドルレクチャーなのにすでに張り切っている犬。

すでに意気消沈の犬。

出発。した途端に怯えて抱きつくバッハ。

わかりやすい。

バッハを見るウーの視線が冷たくてステキ。

写真がありませんがここからバッハはカヤックから川に落ちること2回。

水を飲んでパニックを起こして溺れ気味に。

なんとか舩に引き上げて河口から海に出た途端に波の揺れに落ち着きがなくなり目が泳ぎ始めました。

一緒に出かけた他の艘は荒波へを乗り越え沖に出かけて行きましたが私たちの舩だけ急遽行き先を砂浜に変更。

この砂浜でバッハは弾けました。

見てください。この笑顔。さっきはあんなに怖がってたくせに〜。

ばははは〜!地に足がついていたら俺のもんなのだ!

 

看板犬はなちゃんが上手に誘ってくれて一気に海へ。

はなちゃんのトレーニングのおかげでおもちゃのレトリーブを習得。

楽しいな〜。

ノーリードでどんどん遠くまで泳ぐ姿は勇ましい。

その間ウーは1人でカヤックに乗って戻ろうとしていました(笑)。

 

私はこの浜でバッハが楽しい!と全身で叫ぶのを初めて見ました。

バッハは泳いでいる時も海でウンコをしてしまった時も(あ、これ内緒)心の底からあ〜楽しいな〜って叫んでた。

来て良かった。バッハが好きなことが見つかって良かったなと思いました。

ウーはクールでこんな風に感情を表すことはあまりない犬ですが陸に上がったカヤックに乗ろうとしたり彼なりにきっと楽しんでいるのだろうと思います。

今回のインストラクターさんは結構スパルタでウーをうまく泳げるようにもしてくれました。

「2匹ともこれでばっちり泳げますよ!」とお墨付きを頂きました。

我が家にとって忘れられない夏の日となりました。

この旅でバッハは生まれて初めての海を楽しみました。ペットショップの狭いゲージの中しか知らなかった犬は広い広い世界があることを知り全身で喜びを爆発させていました。

これからも2匹を連れて、知らない世界に出かけようと思うと年甲斐もなくワクワクして来ます。

ウー。バッハ。犬が喜ぶ姿を見るのが飼い主の幸せなのであると教えてくれてありがとう。

 

 

 

 

 

 

 


犬と南伊豆

夏休みも終盤に差し掛かりバタバタとカヤックへ。

カヤック旅が続きます。

今日は南伊豆でシーカヤック。海です。

バッハ、初カヤックだというのに海。デンジャラスな予感しかない・・・。

「え〜。大丈夫ですよ〜。バハハ〜」

ほんまかいな・・・。

シー・カヤックには自分のカメラを持って行くことができなかったのでインストラクターの方が撮った写真を後日いただいてアップしたいと思います。

 

南伊豆は遠かった。なぜそこまで行ったかと言うと・・・。

去年のウーとバッハが卒業したペット里親会の同窓会のじゃんけんゲームで気迫で勝ち取った伊豆の太陽人https://taiyoubito.net/spa.htmlの宿泊券の期限が9月中だったのです。

絶対に無駄にはしたくない。コロナに気をつけて行ってみようと出かけました。

太陽人さんは犬連れ率100%の大きな宿です。ドッグラン、ドッグプール、グルーミングルーム併設で至れり尽くせり。

館内はどこでも犬と一緒にいられます。

ペット里親会の卒業犬が5匹、輪番で完璧な看板犬を勤めていました。

見習えたまえよ、家の兄弟。

 

お部屋から見える海。

温泉入って一杯呑んじゃったオヤジ。

「昼酒は効くなー。でへへ〜」

ウーは私のベットで虎視眈々と待ち構えていましたが次第に眠くなって来たところ。

「お母さん、早く来ないでしかねー」

私は犬の世話に忙しく家にいる時より時間に追われています。

家の場合犬連れの旅行は優雅とは無縁。

車にクレート大小2個積んで犬を入れ出発したのにすでに国立の大学通で犬達は各々クレートから出て助手席と私の上で寝ていました。テンコー・ヒキタばりの脱出術。

お昼に寄ったカレー屋さんでカレーが出てくるのを張る犬。

明日葉のカレー、リコッタチーズ乗せを待つのでし。

バッハはドッグランで爆発していました。

こんなにダイナミックに走る君を初めて見たよ。

今まではドッグランに行っても私の側を離れることなく歩くだけだったバッハはこの旅行で弾けちゃっていきなりワイマラナーらしさが出て来たようです。

筋肉がついて来たので躍動美というかエネルギーの塊が走っている感じ。

走る音がすごい。競馬で各馬一斉にスタートした時のようなドドドーっ音声をお聞かせできないのが残念です。

他のお客様とワンちゃんも側にいるのですが皆さん我が子を胸に抱き(とても恐ろしくて下ろせない)遠巻きに「すごー・・」と息を飲んでおりました。

 

さてカヤックの様子は次回に続く。

バッハさん、やってくれましたよー。

 

 

 


犬と過ごす夏の日

暑い時期の散歩は朝は5時頃。

今日はサルーキのロイス君に誘ってもらって武蔵国分寺公園https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index055.htmlに行きました。

犬の社交場。勝手知ったるロイスの飼い主さんに連れられ我が家も皆さんにご挨拶。

次々新しい犬が来ます。

非社交家のウーも彼なりにがんばっています。

歩き進むとまた新しい友達が。

なんだかとても楽しいです。

犬を介して飼い主も自然と挨拶して犬好き同士短く話をすることが楽しいのです。

ありがとう!ロイス。生まれてまだ数ヶ月の君にすごく大事なことを教えてもらった気がするよ。

この公園の先にお鷹の道があり、水路が流れています。

ロイスが水に飛び込んではしゃいでいました。

水が好きなんだね、ロイス。それは最高だよ。川、海、カヤック、サップ。楽しい世界が君を待ってるよ。

 

翌日。

バッハとウーのシャンプーにドッグパルhttp://dogpal.jpへ。

ここでもたくさんの犬に会いました。

サラとゆいちゃん。仲良し。

今日は暑かったね。ベロ出しブラザーズ。

中にいるのは弟と暴れる弟を抑える係の人(お父さん)。

2人がトリミングルームへ入ったらウーはずっとこう。ドアの前から離れません。

ウーが心配してるのはもちろんお父さんの方。自分がさっきされたこと(爪切りとか耳掃除とか肛門絞りとか)をお父さんもされているかもと思うと気が気じゃないんでしょう。

 

この後、パルのオーナーさんが案内してくれて多摩川へ。

9月はシーカヤックに行く予定なのですがバッハが水が嫌いだったらやめようと思って川で確かめたかったのです。

結果。

飼い主びっしょびしょ。

リード持っていなかったら1人で向こう岸まで行く勢い。

アナタモミズガスキデヨカッタデスネー。(棒読み)

人があまりいない穴場の場所を教えてもらいました。

ここはまた気温が下がる頃に来たいな。

今日は暑すぎて計画していた外でのランチも中止。帰って犬たちはお風呂。

お風呂上がりのバッハ。

ウーは2階のベッドが好き。

兄弟暑い中よく遊びました。

夏のお出かけは涼しい早朝、夜に限られますが夏しかできないこともたくさん。

夏満喫の1日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


新しい家族達

なぜかこの6・7月に新しい家族を迎えたお菓子教室の生徒さんがいっぱいいます。

みんな口々に嬉しそうに報告してくれた後、携帯で写真を見せてくれてひとしきり犬や猫の話題で盛り上がります。

それが続いたので他の曜日の皆んなにも見てもらおうと思ってブログに載せるから写真と名前を送ってねとメールするとまあ可愛い写真がいっぱい届きました。

順にご紹介しましょう。

 

まずはモエちゃん。

六本木に住むセレブの彼女、元は下町の野良猫の子でした。

大強運の持ち主は幸せなお嬢様になりました。黒猫は先住猫パニエ。

パニエの前にいた兄弟猫レミーとマルタンも元野良の子で、I家で夢のような幸せな猫生を全うしたのです。

パニエが迷惑そうな顔をしていますが君もそうやってレミーとマルタンに育ててもらったのよ。

歴史は繰り返すのにゃ。

耳が大きく目も大きな美人さん。飼い主さんにどことなく似ています。

 

さて次はミニチュアシュナウザーのリズム。

先輩犬のメロディちゃんが天寿をまっとうして空いてしまったお母さんの心の空間を埋めにK家にやってきました。

生きてるぬいぐるみ。

シュナ好きのK家に来たあなたは一生幸せを保証してもらったね。きっとこれから想像もつかないくらい楽しい毎日が待っているよ。

まだ会っていないのでこれから会うのが楽しみです。

 

次もパピーです。ミックスのポンセ。

お母さんはポンセを飼って少しタガがはずれちゃったように見えます。それほど幸せなのだそうです。ポンセが可愛くて可愛くてというお母さんRちゃんは長い付き合いなのですが確かに今までのどの時代より幸せそう。本当のこと言えば昨年結婚した時より幸せそうです。あ、これ旦那さんには内緒ね。

まあこれじゃタガが外れ気味でもしょうがないかな。

 

子犬が続きます。

サルーキのロイス君。こちらもまだワクチンを打っていない赤ちゃん犬です。

君ももう幸せな犬生は保証されたな。お父さんもお姉ちゃんもお兄ちゃんももちろんお母さんもロイス君にメロメロ。

連れて来てくれて会ったのですがいやー。これは犬泥棒で捕まるかも。

私はダルメシアンと同じくらいこのサルーキが大好き。

ねえMちゃん、バッハと交換しない?

 

さて最後は私が仲介した子猫の兄弟。リオルとソウル。

兄弟仲良くハンモックで寝るの図。

上になっているキジトラがソウル、下のハチワレがリオル。

こちらのK家はハンサムな3兄弟がいるのですが皆んな一番下にる、がつく名前。

猫もそうしたいと言っていたので私も張り切ってほたる、タオル、トーテンポールと有力な候補を考え名付け親になろうとしたのですがあっさり却下されてしまいました。

君たちを迎えるためにお兄ちゃん達は家中掃除して今か今かと待っていたそうで、K家で幸せな猫生を約束してもらえたね。

兄弟で一緒に生きていけるなんて猫として本当に幸せ。安心してうんと長生きするにゃん。

 

お菓子教室の生徒さんの新しい家族のご紹介でした。

くろねこ軒はお菓子教室にも動物が好きな人が集まります。

お菓子教室の案内に動物が苦手な方はご遠慮くださいと記載がある非常に珍しいスタイルだと思いますがこういう変わったお菓子教室もあって良いと思っています。

新しい家族を迎えたみんなはどこか浮き足立ってレッスン中も心ここにあらずなのがおかしいです。

どの家の子もきっと幸せになる。

皆さんの家の前を通るたび、それぞれの顔を思い浮かべて私も幸せな時を過ごせるのです。

新しい家族を迎えた皆さん、おめでとうございます。

その子達と過ごすかけがえのない時間を大切にしてくださいね。

きっと彼等はそれに応えて驚くほど大きな幸せを飼い主に返してくれると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


休日満喫。

毎年5月5日はウーのシェルターに里帰りをする日なのですが今年は県をまたぐ移動は自粛要請が出てしまって親不孝をしました。

先月から家籠り生活で外へ出かけると言えば犬の散歩かスーパーマーケットにしか行っていません。

もしかしたら1ヶ月ぶりくらいにそれ以外の場所に出かけました。

月に一回の犬のグルーミングに八王子のドッグパルへhttp://dogpal.jp

これは我が家にとっては必要な外出です。

犬には丁度過ごしやすい気候。

バッハはフリスビーにも興味がありますが

このフリスビーの遊び方は間違っているような・・・。

 

兄弟、この微妙な距離感。

2匹の間には暗くて大きな河が流れている・・・。

 

そしてこれが今日のところのベストショット。

明るくカメラ目線のバルラッハ、反してそっぽを向いて不機嫌なウープラージ。

いいねえ。頑固者のウー。

気を使って仲良いフリをしないところが犬だねえ。

たっぷり半日遊んだり洗われたりして帰宅。

ご飯を食べたら爆睡です。

兄。

弟。

ここだけは気が合うね。

 

人間も犬も空の下での5月の休日を楽しみました。

パルのオーナーさんとトリマーさんと距離をとって屋外でお茶を飲みしばし談笑。

やっぱり人と話すと気力が湧いてくる。

私にとっても久しぶりにエネルギーがチャージ出来た1日でした。

人は人がいてくれるから健全な生活が送れるものなのかもしれない。

だとすると今の生活がいつまでも続くと・・・。

1日も早い収束を祈る気持ちになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/13PAGES | >>

INSTAGRAM


INSTAGRAM始めました

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode