20150917_11462.png

バムセとカヤック!菅沼編。

今夏の最終カヤックは恒例の群馬県片品村菅沼湖です。

出発時刻1時間前に老猫ジーザスに私が指を噛まれて1時間遅らせてもらって出発。

一緒に行くバムセが朝ごはんを食べないし波乱の幕開け。

そんな今回は観光はなしで食材を買いつつおやつを食べつつ標高1700mの日本で一番高地にある湖を目指します。

まずは新しくできたジェラード屋さん。

犬に見つめられつつ食べるアイスは一味違うな。

道の駅に寄りつつ買い食いを楽しみつつ順調に進み湖に到着。

道が荒れるのを防ぐため駐車場からコテージ(というよりはバンガロー)まではリヤカー使用です。

空のリヤカーを返しに行く時のバムセがまるでドナドナド〜ナ〜♫だった。それを見つけたウーが追いかけます。

友との別れを涙をこらえてご覧下さい。

「あ、バムセ!もすや本日出荷はおめえだか」

「バムセ〜!帰ってこ〜!バムセ〜!」

バムセは行ってしまったのでした。完

5分後帰ってきたバムセと夕食の支度。

道の駅で買った新鮮な野菜ときのこ、お肉を七輪で焼いてえごまの葉っぱに包んで食べます。

ものすごい量を買ってほぼ完食。食後3人ともお腹を壊したりなんだり具合が悪くなりました。いくらなんでも食べ過ぎだって。

そんな時は僕ちんのお口が役に立ちます!結構僕ちんも食べすぎでお腹を壊していました。

あ〜こんな時にIさんがいれば軽くクリアだったのに、と急に参加できなくなった食べっぷりの良いIさんを偲びます。←生きてます。

夜はカードゲーム大会の予定が各々お腹を壊したりなんだりだったので休止になり早めに寝ることに。

夜トイレに出たAさんが「外に出て出て」というのでお化けでもいたのかと思って出たら満天の星空。ほんとうに空一面の星。これは忘れられない夜空。

例によって一緒の寝袋に寝るので大はしゃぎだった犬。

私はほとんど眠れず。

朝まで私の寝袋にいた犬が朝起きて隣のA さんの寝袋がモンベルの最高級品だということに気づいた途端にもぐって出て来なくなった。

やっぱさあ。羽毛の量が違うよね。←値段が違うんだよ。

それを悲しい顔で見るバム爺。

ごめんね。バムセのなのにね。

それ、ワシの・・・。哀愁。

さて翌朝。

誰一人好調な人間はいない人たち、さあ朝ごはんを食べて出発だよ!←空元気。

天気は快晴ではないものの曇っていてカヤックには丁度良いです。ただ寒い。すでに結構な寒さ。

今日は大勢参加で他にもジャックラッセルちゃんと黒ラブちゃんがいました。

前回のよしこ式スパルタ教育術により一人で前を向いて乗ることができるようになったウー。

バム家も気持ちよさそう。

それを見るウー。

菅沼は場所によって水の色が変化する湖で濃い青、マリンブルー、エメラルドグリーン色々な美しさが楽しめます。

そろそろ終了という時に寝てしまうウー。気持ち良さそうです。

あ〜。終わるのが惜しい。岸に戻りたくないと思いました。もっと乗っていたかった〜。

今回は特にそう感じました。

波も穏やかで最高に気持ち良かった。

楽しかったのでし。

午前中の乗船は帰りものんびりで余裕がありました。犬たちもリラックスしていて本当に良い時間でした。

さて、帰路は行きと同じルート+花咲の湯でまたもジェラード。

ここのジェラードはほんっとうに美味しい。もち米、花豆、えごま、とうもろこし。甲乙つけ難し。

お土産に念願のワレモコウをいっぱい買ってゆっくり帰宅です。

犬たちは熟睡。

あー。今年も楽しかった。

犬を飼わなかったらカヤックなんてきっと知らない世界だった。

君たちといるから楽しい。私に世界は広いと教えてくれる犬たちに感謝。

また来年でし!

 

 



INSTAGRAM


INSTAGRAM始めました

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode