20150917_11462.png

[Fraisier]

フランスの春のお菓子「フレジエ」

天然酵母パン教室主催のさつきさんから結婚記念日にとオーダーをいただきました。

でも、最初の返事はかなり渋った(笑)。

フレジエはよく日本のショートケーキのフランス版と紹介されていますが私はこれにはちょっと異を唱えてしまいます。

文化の違いと食材の違いがよーくわかるこの2つのケーキ。

苺のショートケーキが大好きだからこのフレジェだってきっと美味しい筈!と思う方が多いのですがそれはどうかな〜。かなり重くこってりとして柔らかさも軽さもないこのケーキ、心から美味しいと思う日本人は決して多くないと思うのです。

フランスの小粒できりっと酸っぱい苺を美味しく食べられるように考えられたケーキです。

ベルーエ・コンセイユで習ったレシピで作っても日本の大きくて水っぽくて甘い苺にはどうも合わない、という印象が正直なところでした。

見た目の美しさに目を奪われて日本のショートケーキの少し凝った感じ、という印象を持ったお客様は召し上がった時に「うわっ。あまっ。なんじゃこりゃ」と思うことになる。

なのでくろねこ軒にこのケーキをご注文いただいたお客様はまずは1度やめたほうが良いかもしれません、日本のショートケーキとは全くちがうものです、重いのです、甘いのですと釘を刺されることになります。もちろんお菓子に詳しくてよくわかっていらっしゃる方(さつきちゃんなんてまさにそう!)もフレジェをお好きな方もいらっしゃいますがまずはここで関所があり。

それでも!と言われて初めて作らせていただくことになるのです。

ここまで脅したからにはそしてその脅しに屈しなかったお客様に私なりに敬意を評し、出来るだけ美味しいフレジェを召し上がっていただかなくては。

日本の苺に合うように重くこってりとしたクレームオブール(白い部分はすべてバタークリーム)をイタリアンメレンゲを多く配合し空気の量を増やし脂肪分と糖分を極力抑えクレーム・ムスリーヌとしては水分が多く味わいが軽いものに仕上げました。

軽くすんなりと胃に収まるようにビスキュイも配合を変え出来る限り薄くしました。

フランスで定番のマジパンも省き、苺をたっぷり乗せました。

さてさて断面が抜群に美しいのですがお客様のアントルメをカットすることは出来ません。

カットした美しい姿はInstagram、@satukibasketでご覧ください。

うっとりする美しい盛り付けを堪能していただけます。

 

フレジェを作ったのは実は久しぶり。

お菓子の腕もプロ級のさつきさんの記念日のケーキを作るのはちょっと緊張いたしました。

後からあーデコレーションもっとこうすれば良かった、はあれど美味しかったと言っていただいて喜んでいただけて本当に良かった。

ご注文ありがとうございました。

素敵な26周年を!

 

 

 

 

 



INSTAGRAM


INSTAGRAM始めました

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode